So-net無料ブログ作成

「劔岳 点の記」初日舞台挨拶@丸の内TOEI※少々追記しました。 [國村さん♪]

今日は「劔岳 点の記」の初日舞台挨拶に行ってまいりました。
改めて・・・舞台挨拶にたくさんの方がご登壇というのは嬉しいけれども・・・脳が追いつきません(汗)。私の能力では、4人が限度・・・ご登壇者は4人まで!とかいうきまり・・・できませんよね(笑)。
というわけで、絶対に記憶の彼方に追いやられた面白エピソードがあるにちがいない!不完全レポートですが、ご了承のうえお読み下さい。何か思い出したら追記いたします。


9:30~上映ということで、9時ちょっと過ぎに劇場に到着した(V)o|o(V)でしたが、遠くからでもわかるほど劇場前だけ人が多く・・・話によりますと、会場前から列が出来ていたんだとか。どおりで、私が着いたときには劇場内にも人がいっぱい!もう売り切れてしまっているグッズありました(ライターとか)。

まずはじっくり本編を楽しんでから・・・の舞台挨拶です。劇場中程の列だったので上映と舞台挨拶と両方にまあまあのお席でした。ちょっと端っこだったのが残念でしたが・・・。
まずは司会に笠井信輔アナウンサーが登場!「銀色のシーズン」の時にも仰っていましたね~撮影は禁止ですが、浅野忠信さんと間違えて私の写真を撮ってしまったかた・・・その1枚だけはオマケ!だけど絶対に消去しないで下さい!と(笑)。

ご登壇者は木村大作監督浅野忠信さん、香川照之さん、宮崎あおいさん、松田龍平さん、仲村トオルさん。
普通は主演のキャストの方からご挨拶されますが、今回はもちろん木村監督からです!

木村大作監督:今日はありがとうございます。今、山を登って下りてきたみなさん。我々とみなさんは仲間です。本当にありがとうございました。(と・・・お声がちょっと震えておりました。)
笠井アナ:仲間たちは2階にもいますよ。
木村監督:入ってきたときから見えていますよ。
笠井アナ:それは失礼しました(笑)。
木村監督:朝9時から映画を見る神経がわかりません・・・(会場笑)。
笠井アナ:今回は47都道府県をまわるキャンペーンも行い、監督の舞台挨拶も今回で76回目になりました。76回目にもなると、もう話すことも無くなってしまうんではありませんか?
木村監督:バラエティー的にやろうと思えばいくらでもできるんですが・・・今日は感動的にやろうと思って、抑えています。(会場笑)

浅野忠信さん:今日はみなさんありがとうございます。初日を迎えられてうれしいです。朝からこんなにたくさん来て下さって、みなさんに見て頂けるのが本当に嬉しいです。毎日毎日、厳しい環境のなか山に登り作って、監督からは学ぶことがたくさんありました。この経験を生かしてこれからも頑張ります。ありがとうございました。(ごめんなさい・・・このあたり相当怪しいです。汗)

香川照之さん:今日はありがとうございます。(と・・・ちょっとお声が震えておりました。)舞台袖にいる時、いつも撮影中には上から見下ろされていた劔岳が、側で見守っていてくれるような気がしました。測量隊と案内人達が命がけで登った道のりを、スタッフとキャストが命を賭けて辿ったかけがえのない仕事になりました。歴史と記録に残る物になると思います。今日はその始まりの日です!これから、本当に!!できるだけたくさんの人にもらいたいと思います!!!(言葉にも、瞳にも熱いものが)

松田龍平さん:今日はありがとうございます。木村大作さんという偉大な人が作った、二度と無い一瞬を切り取った作品に参加させて頂き、幸せでした。

宮崎あおいさん:今日はありがとう・・・(あおいちゃ~ん!あおいちゃ~ん!と歓声が)あっ、ありがとうございます。私は山にも登っていませんし、参加させて頂いたのも短い間だったのですが、こんなふうに一緒に舞台に上がらせて頂いて幸せです。

仲村トオルさん:今日は皆さん本当にたくさんの方に来て頂き、ありがとうございます。この順番だと・・・挨拶する言葉がほとんど残っていないのですが・・・(笑)。このような超ダイサク(木村大作監督作品だけに・・・笑)に参加させて頂き嬉しいです。小島烏水(こじまうすい)という役でしたが、存在感が薄いと言われないように頑張りました。(会場爆笑)ありがとうございました。

笠井アナ:今日初日を迎えましたが、監督、こんな風に初日を迎えられるとは思っていられましたか?
木村監督:・・・。(会場笑)えっ?耳が遠くなりまして・・・もう1度。(会場爆笑)
笠井アナ:初日を迎えられるとは思っていられましたか?
木村監督:・・・。(会場爆笑)難しいなぁ・・・最期まで撮りきれば絶対に歴史に残る作品になる!とスタッフやキャストには言っていたんですが・・・撮っているうちに、撮りきれるのか?と思った時期もありましたね。
笠井アナ:・・・(監督がもっとお話になるだろうと思い、次の段取りでも考えていらしたご様子。笑)あっ・・・ありがとうございました。監督は自分が喋りすぎるとキャストの皆さんの時間が無くなるから短めに・・・と打ち合わせの時に仰っていたんですよ。では、お一方ずつテーマを決めてお話を聞いていきます。テーマは「木村大作と私」でお願いします。

浅野さん:山小屋での生活は初めてで、最初の方は慣れるのが大変でした。9:00消灯で朝4:00には起きて、暗いのでヘッドライトをつけて山に登る毎日でした。そんな中で自分を見つめる時間もたくさんありました。ある日眠れなくて夜中にトイレに行こうとすると、監督が下駄箱の所でタバコを吸っていらして。監督も初めのうちは毎日のように眠れなかったようで・・・明日どうしようか?とか、どうすればこの映画がよくなるか?とか考えていらして。そんな監督をみつけて自分のことを話したくなってしまって、この作品のことや自分が考えていることなどをお話しさせて頂きました。監督は静かに「うん。うん。」と聞いて下さいましたし、ヒントも頂きました。それは今までには無いことだったので、とても有り難かったです。

香川さん:何でも率直に言って下さる方で、父親のような存在でした。浅野さんが言ったので僕も言いますと・・・撮影が終わって山を下っていると、登りの方は大変なんですが下りの方が楽なんですね。で、下っている時に監督が「今、楽だと思っているだろう!それは下りだからだ。大変だと思っている時が登りなんだ。人生でも辛いと思う時は登っているが、楽だと思っている時は(人生も)下っているんだぞ!」というお言葉を頂きました。本当に父のような存在でした。後はクランクインを前に、監督と大喧嘩・・・とまではいきませんが、僕がうわ~っ!って言うくらい、この作品について話をしました。それほど深く関わることってあまり無いんじゃないかなと思います。

松田さん:・・・。すいません(笑)。本当に素敵な方で、さっきも言いましたが、ご一緒できて幸せです。

あおいさん:私は3日間という短い間だったのですが、大作さんは本当に優しくして下さって・・・これからも大作さんに気に入って?・・・気にしてもらえるような役者でありたいです。
笠井アナ:あおいさんは不思議な方で・・・監督を唯一、大作さんと呼ぶんですよ。監督、大作さんと呼ばれていかがですか?
木村監督:私も男ですから・・・クラクラします(会場笑)。

仲村さん:さっきボケたつもりだったのですが・・・笠井さんが全くひろってくれなかったので・・・(笑)。
笠井アナ:わかっていましたよ。「タイサク」と「ダイサク」。でもこれはひろったほうが良いのか?ながしたほうが良いのか??と悩んで・・・。
仲村さん:なので、今度は真面目に話します。(会場爆笑)先ほど監督が「撮りきれるかな?」と思ったと仰った時だと思うのですが、僕も監督とお話をさせて頂いて、7月までず~っと撮影を続けているなら、手旗信号を振るためだけに僕はここへ来ますよ!と言いました。そういう風に思わせてくれる人です。

笠井アナ:この作品を一緒に作り上げた仲間たち、スタッフの方々もいらしています。どうぞご登壇下さい。
(ここで、スタッフの方々がご登壇になりました。もちろん「まえつるぎの会」の仲間たちF支部長も登壇されましたよ!)
仲間たちの皆さん:四等三角点は記録には残りませんでしたが、この作品はいつまでも・・・監督が死んだ後にも記録が残る映画だと思います。ありがとうございました。

この後フォトセッションがあり、キャストの皆さんと監督は客席側に下りていらっしゃいました。私たちも一緒に起立し、手を振りながらのフォトセッションになりましたが・・・マスコミの方々の人数の多いこと!多いこと!
そして監督の最後のご挨拶は、客席から、しかも生声で!
木村監督:今日は写真撮影にも付き合って頂いてありがとうございました。こんなに撮ってもほとんど出て来ないんだ!紙くず同然!捨てたりしたら承知しないぞ!!(とマスコミの方々に一発!笑)
そして、帰り際にはカメラに向かって気合いのポーズをとってからお帰りになりました。

nice!(1)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 16

おいちん

ひょえ~!
また大作(だいさく)だけに超大作をありがとうございます!(仲村さんお借りします!)
読んでいるだけで楽しさが伝わってくる舞台挨拶ですね。
またあとでこういうレポートが発表されるでしょうけど、(V)o|o(V)さんのが速さも楽しさも一番であります!
正確さなんて求めてませんよ~。
これだけ何も記録無しで残せるなんて凄いことです。

純粋に楽しんできていただきたいのに、何か使命感のようになってしまい申し訳ないです(^^ゞ
初日リレー鑑賞、お疲れ様でした!どうかごゆっくり休日をお過ごし下さいね!
by おいちん (2009-06-21 02:21) 

猫

素晴らしいレポートありがとうございましたm(_ _)m監督が目の前にいらっしゃるかのような錯覚にとらわれる素晴らしいレポート やはりバルタンさんは特派員として最適の方だなぁって、改めて実感 ありがとうございました!お疲れ様でしたm(_ _)m
by 猫 (2009-06-21 10:45) 

ポケタン

レポートありがとうございます。そのまま、舞台挨拶を聴いているような臨場感です!


by ポケタン (2009-06-21 10:51) 

パイナップル

ほんとうに臨場感たっぷりのレポートですね。
有難うございました。
by パイナップル (2009-06-21 15:27) 

(V)^l^(V)

何度もコメントありがとうございます、おいちんさん。

>読んでいるだけで楽しさが伝わってくる舞台挨拶ですね。
>またあとでこういうレポートが発表されるでしょうけど、
>(V)o|o(V)さんのが速さも楽しさも一番であります!
>正確さなんて求めてませんよ~。
そう言って頂けると・・・安心しますm_|_m
もう十分に自分自身も楽しんで、初日リレーに臨んでいますので、その点はご心配なく。
ただ・・・年々衰える記憶力には・・・ちょっとショックを受けていますが(汗)。
by (V)^l^(V) (2009-06-21 20:53) 

(V)^l^(V)

猫さん、いつも長~いレポに付き合って頂きありがとうございます。
特派員(V)o|o(V)は、横浜レポに向けて再び頑張りたいと思います(^_^)ゞ
by (V)^l^(V) (2009-06-21 21:01) 

(V)^l^(V)

最後までお付き合い頂きありがとうございます、ポケタンさん。
皆さんが読んで下さって・・・嬉しいです。
by (V)^l^(V) (2009-06-21 21:03) 

(V)^l^(V)

本当に長かったですね~今回のも(汗)。
にもかかわらず最後までお読み頂きありがとうございます、パイナップルさん。
by (V)^l^(V) (2009-06-21 21:04) 

橘

いつも素晴らしいレポート、本当にありがとうございます!
楽しくて、すごい臨場感で一気に読んでしまいます。
まるで自分もそこにいるみたいな気分が味わえるんですよね♪
バルタンさん、すごいです!
映画、本当に素晴らしかったですよね!

by 橘 (2009-06-21 21:38) 

(V)^l^(V)

「劔岳 点の記」とてもよかったですよね、橘さん。
最後までお付き合い下さりありがとうございました。
by (V)^l^(V) (2009-06-21 22:13) 

まえつるぎの会 仲間たちのF

バルタンさん「劔岳点の記」初日舞台挨拶リポート感激です。その現場にいた私でさえ忘れていることが多く、頭が下がりました。皆さんにこのように応援していただける作品に携われて自分自身感激しています。映画「劔岳点の記」はまだ公開したばかりですが、末永く皆さんに楽しんでいただきたいと切に那願っています。
by まえつるぎの会 仲間たちのF (2009-06-21 23:48) 

みっちゃん

舞台挨拶、しっかりと受け取りました(笑)
時間をみて、映画に足を運びたいと思います。
by みっちゃん (2009-06-22 18:44) 

(V)^l^(V)

仲間たちのF様、わざわざコメントありがとうございます。
F様をはじめ皆さんがご登壇される姿を見て、とても嬉しく感じました。
そして、F様が作品内で活躍される姿も・・・もちろんわかりました。仲村さんや香川さんや・・・熊と(笑)。素晴らしいです!
他にも陸軍本部でおや?と思う人影を見つけたのですが・・・そちらは気のせいだったでしょうか??

地元の映画館の前売り券もありますので、また見に行きたいと思っています。
by (V)^l^(V) (2009-06-22 21:31) 

(V)^l^(V)

みっちゃんさん、こんな長くて重たい物を受け取って頂きありがとうございます。
ぜひ映画館でご覧になって下さいね。素晴らしい作品ですよ。
by (V)^l^(V) (2009-06-22 21:32) 

仲間たちのF

バルタンさんさすがです。お見事です!陸軍参謀本部会議室に1シーンだけ出演しています。みつけてくれてありがとうございます。
by 仲間たちのF (2009-06-23 00:56) 

(V)^l^(V)

ですよね!仲間たちのF様。
わ~い國村さん♪と思ってスクリーンを眺めていたんですが、そこにお姿を発見致しました。
國村さんともご共演だぁ!凄い!!と嬉しく思うばかりでございます。
by (V)^l^(V) (2009-06-23 21:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。